睡眠の質を上げエネルギーを高める4つの方法

ビジネスマンならば積極的な休息も!  
 

社会にはあなたの疲労とストレスを溜め込むモノで溢れかえっています。 
 
 

こんな環境で生活をしていて、いつも通り7時間ほど睡眠したとしても疲労やストレスは消滅していきません。 
 
 

蓄積される疲労、ストレスが睡眠による回復レベルを上回っているので。 
 
 

なので、もっと積極的な休息が必要になります。 
 
 

積極的な休息をしないと、日に日に疲労とストレスが溜まり、自律神経が乱れ鬱などを誘発し、負のスパイラルに陥ります。  
 
 

負のスパイラルとは「エネルギー低下」「思考停止」です。 
 
 

前にも述べましたが、エネルギーが低けれ行動エネルギーも低下し、リターンエネルギーも下がります。 
 
 

思考停止は考える事を放棄なので、あなたを赤ちゃんにさせます。(赤ちゃんは情報発信できませんよね) 
 
 

こんな感じで負のスパイラルはかなり痛い。 
 
 

強弱はありますが、多くの人がこのスパイラルに巻き込まれていると思いま 
す。。。 
 
 

僕はその原因の一つは、蓄積される疲労、ストレスが睡眠などによる回復レベルを上回っているという事にあると思います。 
 
 

つまり睡眠の質が低い。。。(原因は他にもありますが、睡眠が一番の効果てき面です) 
 
 

簡単にはなりますが、睡眠の質をあげる方法をいくつか記載しときます。 

 

 

睡眠の質を上げエネルギーを高める4つの方法
 

 

1.音、光のシャットダウン 

寝ていても人間の体は音と光を感知します。
音と光がある環境で寝ているという事は完全に寝ていない状況となります。音と光はシャットダウンしましょう。

 

bet
 

 
 

 

 

 

 

2.スマホ禁止
 

スマホやPCなどが発するブルーライトは脳を覚醒させます。これから寝るのに脳を覚醒させたら、寝れません(笑)夜スマホやって寝れなくなった人多いですよね?これを回避する為に寝室にスマホは持ち込まないようにしましょう。(あるいは電源を切るか) 

 


iphone

 

 

 

 

 

 

3.雑念のカット
 

寝る前に明日の事や将来の事、あるいは過去の事などを雑念が出てしまう人も多いかと思います。これはブレストしているのとほぼ同じなので、これまた脳の覚醒を誘発し寝れなくなります。そして大抵の人の雑念はネガティブ系です。ネガティブ系の雑念は人の呼吸を乱し睡眠時の呼吸に悪影響を及ぼします。(呼吸が悪ければ睡眠の質は下がる)
 

*雑念のカットは寝る前に呼吸を整えるだけで大分カットできます。ストレッチ、ヨガ、瞑想をしたり、ツボを押したり、暖かいモノを飲んだりなどなど。寝る2時間目くらいにお風呂に入って体を温めるというのも有効です。
 

maindmap 

 
 

 

 

 

 

 

4.起きる時間を一定化
 

NASAの研究、Googleの経験だと、寝る時間がバラバラでも起きる時間が常に一定だと体のリズムは崩れないとの事です。逆に遅く寝たからといて起きる時間も遅れさすとリズムを崩すみたいです。なのでどんなに遅く寝ても起きる時間は一定化。
 
 

 

clock
 

 

 

 

 

 

 

とりあえずここでは、以上。
 
 

誰でも意識次第で睡眠の質をあげる方法を紹介させていただきましたので、睡眠の質を向上させエネルギーを高めたい人はぜひ取り組んでみてください。
 
 
 

他にも最高の睡眠グッズやゴールデンタイムを利用した睡眠法などもありますので興味がある人はググったり、本を見たりしてみてください。
 
 
 
 

睡眠に関する相談や質問があればコメント欄よりどうぞ。